日星精工株式会社

MENU

職場の先輩

日星精工を志望した
動機を教えてください

僕は新潟県出身で、大学では商学部に在籍していました。小学校からバドミントンを続けていたので、それをきっかけに大同特殊鋼のバドミントン部に声をかけてもらうことになりました。日星精工で勤務し、その後に練習という毎日を過ごしています。

現在の仕事について教えてください

生産管理は販売計画に沿って毎月の生産量を決め、それがしっかりと守られているかを管理するのが仕事。営業からの受注数に対し、計画を立て、それを製造に伝えます。生産の司令塔であり、営業と製造の調整役とも言えます。その中で僕は材料手配に携わっています。材料の仕入れ先である大同特殊鋼とやりとりし、安定した材料手配を維持するのが使命です。

仕事のやりがいを感じるときは?

お客様からはさまざまな注文が来ます。量が多いもの、納期が短いもの、加工が難しいものなど、オーダーは多岐にわたります。そのため、オーダーに合わせて材料をうまく仕入れることができたときは達成感がありますね。また、材料が入手できないときでも、別のルートを探して対応できたときも同様です。

今後の目標を教えてください

当社で働いて5年目を迎えますが、物事を広い視野で見ることができ、判断力、対応力が付いたと思っています。今後も生産の要としてスムーズな材料調達に努め、営業と製造がうまく仕事ができるような環境を整えていきたいと思っています。

現在の仕事内容と
そのやりがいを教えてください

日星精工はボルトの製造が主ですが、僕は切削機を使った機械加工品をつくっています。まだ新人で切削機を使った経験もないので、毎日が新鮮。思いも寄らないトラブルが起こることもありますが、その原因を突き詰め、解決できたときはやりがいを感じますね。

印象に残っている出来事はありますか?

夜勤で上司がいないときに切削機の刃具が折れてしまったことがありました。初めてのトラブルで誰にも頼れない状況でしたが、心を落ち着かせ、何とか対処することができました。このような経験を重ねることで、柔軟な対応力が身に付くようになりました。

いま特に力を入れていることはありますか?

大同特殊鋼が主導で実践している品質教育の取り組みで「JK(自主管理)活動」というものがあるのですが、その活動で切削機の刃具の寿命を延ばすことに挑戦しています。優秀な活動を行ったグループは表彰されるので、力を入れて頑張っています。

今後の目標を教えてください

上司に比べて、まだまだ生産数にバラつきがあるので、それを安定させたいです。製品をセットするときに機械を止めるのですが、秒単位の停止時間だとしても1ヶ月に換算すると大きなロスになります。それを改善していきたいですね。

入社から現在までの経歴を教えてください

入社した当初は東京営業部で、受注業務などの営業アシスタントをしていました。その後、名古屋営業所に異動し、そこでもしばらく営業アシスタントをしていたのですが、いまは品質保証チームに。まだ6ヶ月なのですが、検査表の準備や発行、実検査、客先の監査対応などを行っています。

入社時と現在でどのような
成長を実感していますか?

営業アシスタントをしていた頃は、書類のやりとりだけで製品の実物を見ることがほぼありませんでした。でも、いまの仕事は製品と直接ふれあうことで、製品についての興味が湧いてきました。どのようにつくられているのか? どのような技術が盛り込まれているのか? など、学ぶことが多いですね。

女性の視点から日星精工の
働きやすさについてどう感じますか?

女性社員が少ないですが、少ない分、みんな仲良く助け合いながら仕事をしています。昼食時もみんなで楽しく会話しながら過ごしていますね。有休も取りやすいし、女性だからといって働きにくさを感じることはありません。

今後の目標を教えてください

品質保証チームに来てまだまだ日が浅いので、これからは測定器の使い方を憶えて、いろんな検査に対応できるようになりたいです。図面も読めるだけでなく、CADを使って描けるようにチャレンジしていきたいです。そのためには製品についてもっと勉強しなければいけませんね。

入社後から現在までの経歴と
仕事内容を教えてください

入社後は本社で勤務していました。協力会社さまで作製する特殊品の材料手配や、納品までの対応が主な仕事。その後、営業部に配属され、大阪営業所で働いた後、現在の東京営業所に来ました。仕事内容は、既存・新規のお客様からの見積、受注、納品、回収、アフターフォローなど、お客様対応がメインです。社内の部門間調整なども業務の一環です。

仕事でのやりがいや
ポリシーを教えてください

営業なので新規のお客様を獲得できたときや感謝の言葉をいただいたときが、いちばんやりがいを感じる瞬間です。営業はモノを売るのが仕事ですが、それだけでなく、私自身も商品の一部だと思っています。人間性や気持ちも買ってもらえるように心掛けています。

これまで経験した中で、
印象に残っている仕事はありますか?

競合メーカーとの差別化が難しく、価格面においても当社に優位性がない製品がありました。でも、お客様から「お前だから買う」と当社の製品に切り替えていただけたことがありました。この経験で製品だけでなく、人間性や気持ちも大切なんだとあらためて気づかされました。営業冥利に尽きる出来事でしたね。

今後の目標や挑戦したいことはありますか?

「技術・サービス・品質」を通じて社会に貢献するために、当社ができること、当社しかできないことを提案し続けて行きたいと考えています。それがお客様や社会に信頼されることにつながると思っています。